みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを

03-3993-5451(直通)
HOME みどりのまちづくりセンターについて > 理念と沿革

理念と沿革

理念

練馬区民が住み続けたいと思えるような快適な生活環境と豊かな地域社会を実現するために、まちづくりセンターは区民の主体的なまちづくり活動を支援するとともに、区民・事業者・行政から独立し連携を図る、中間的な立場から協働型まちづくり事業を推進していきます。

まちづくりセンターの5つの機能

1.区民のためのセンター
2.練馬区の地域課題に対応できるセンター
3.区民のまちづくりネットワークを育むセンター
4.区民・事業者・行政をつなぐ役割を担うセンター
5.まちづくり専門家の組織としてのセンター

沿革

昭和62年11月10日 財団法人練馬区都市整備公社 設立
平成14年8月1日 まちづくり情報誌「こもれび」創刊
平成18年4月1日 練馬まちづくりセンター 開設
平成22年4月1日 練馬区福祉のまちづくり協働推進拠点事業受託「ユニバーサルデザイン推進ひろば」開設
平成23年5月20日 景観整備機構指定
平成23年7月1日 練馬区景観形成支援事業受託開始
平成24年4月1日 公益財団法人 練馬区環境まちづくり公社に移行
平成28年4月1日 みどりのまちづくりセンターへ名称変更
みどり事業の受託開始

まちセンができるまで

区民参加でまちの将来のあり方を示す「都市計画マスタープラン」や住民参加の仕組みを定めた「まちづくり条例」を検討する中で、区・住民・事業者が協働してまちづくりを推進するために開設されたのが、練馬まちづくりセンターです。

平成28年4月1日、一般財団法人練馬みどり機構の解散に伴い、その業務の一部をまちづくりセンターが引き継ぐこととなりました。これにともない、練馬まちづくりセンターは「みどりのまちづくりセンター」と名称を変えました。

練馬まちづくりセンターができるまでの流れ。平成16年9月 練馬区都市計画マスタープラン(地域別指針) 、平成17年4月 まちづくりセンター準備室設置、6月から11月 練馬区まちづくり情勢検討(検討委員会・区民懇談会)、まちづくりセンター検討会議、11月(仮称)練馬区まちづくりセンター構想策定、練馬区まちづくり条例の公布、平成18年4月練馬区まちづくり条例の施行、練馬まちづくりセンター開設。

公益財団法人練馬区環境 まちづくり公社
まちづくりセンターの事業