みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME みどりのまちづくりセンターについて > まちづくりセンターの事業 > ねりま空き家でまちづくり > 空き家活用事例(改修前と改修後の様子)

空き家活用事例(改修前と改修後の様子)

■空き家を活用して園芸福祉をテーマとした居場所へ

    NPO法人 自然工房めばえ(高松)

    建物:木造2階建て住宅で一部を活用
    所在地:練馬区高松3-24-17
    団体概要:園芸の多面的な機能に着目して、植物を通じて『人』や『地域』をつなぐことを目的とした活動。一部改修工事の補助も受けて、庭とリビングを再生、多様な人々の居場所づくりに取り組んでいる。
    HP(外部リンク):NPO法人 自然工房めばえ

    mebae01.JPG


リビングルーム
元々和室だった部屋を、畳をはがしフローリングに張り替えて、洋室にしました。また、窓には、手作りの色鮮やかな障子をつけ、明るい印象にしました。照明も空間に合わせたものに変更しています。
living_before.JPG living_after.JPG
改修前(和室の畳をはがした状態) 改修後

トイレ
高齢者、障害者等にも使いやすいものとするため、手すりを設置し、扉も開き戸から引き戸に変更しました。また、出入口部分には、扉の枠である框(かまち)による段差があったため、段差を解消しバリアフリーにしました。
toilet_before.JPG toilet_after.JPG
改修前 改修後


既存の枯れ草やプランターを撤去し、その後に木屑をしいて、チューリップなどの季節のお花を植えてお手入れをされています。
garden_before.JPG garden_afterR.JPG
改修前 改修後
マッチングの支援ページへ戻る
ねりま空き家でまちづくりTOPへ戻る