みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【報告】まち活現場レポート:ねりま子ども劇場

【報告】まち活現場レポート:ねりま子ども劇場

2012年07月08日のできごと

ねりま子ども劇場のみなさんの「あつまれ!0.1.2ワクワク広場」におジャマしてきました。「あつまれ!0.1.2ワクワク広場」は、0.1.2才の子育て中の親子を中心に、一緒に楽しい時間を過ごしながら、文化を通じた地域交流を深めていくための活動です。今回は、特別レポーターとして、“とある園児(5才)”も一緒です。
ポスターの前でポーズをとる園児

今回の活動は、北九州市の人形劇団「ののはな」による「ちいちいにんにん」の舞台鑑賞です。“ちいちい”は“ちいさな”、“にんにん”は“人形劇”。つまり、“ちいさい子どもたちのための小さい人形劇集”ということだそうです。
会場は、練馬区職員研修所の2階研修室。「あつまれ!0.1.2ワクワク広場」の舞台鑑賞はとても人気で、毎回多くの親子が参加します。

開演前から、ねりま子ども劇場のみなさんが “小ネタ”で会場をまわり、子どもたちの心をつかんでいきます。“とある園児”も興味津々で“ハマりすぎ”です。
お姉さんのポケットのなかに興味津々な園児

いざ、開演。子どもたちは、す~っと人形劇に引き込まれていきます。
舞台風景

「ちいちいにんにん」は、約45分の公演で、5つのおはなしからなります。
最初の演目は「かばのかっちゃん」。これはいったい腹話術?手品?いきなり、子どもたちのハートをわしづかみです。
舞台風景2

公演は途切れなく進みますが、飽きる子どもはまったくいません。
それどころか、子どもだけでなく大人もすっかり引き込まれています。
舞台風景3

あっという間の45分間でした。まさに、親子が一緒になって文化を体験することの満足感に浸りました。このあと、家庭に帰っても“それぞれの人形劇”が始まりそうです。もちろん我が家もパクパク人形をつくることになるでしょう。
舞台風景4

次回の「あつまれ!0.1.2ワクワク広場」は、7月18日に区立男女共同参画センターえーるで開催予定の「かんたん人形であそぼう!!」。ゆび人形やパクパク人形など、いろんな人形で遊んで、簡単な人形もつくるそうです。
イベント詳細 → http://nerimachi.jp/hiroba/groupinfo/gekijo_120718.php

■『ねりま子ども劇場』の詳細は「まちづくり団体の紹介」をご覧ください

------------

あなたのまちづくり活動を支援します

平成24年度まちづくり活動助成たまご部門、防災まちづくりたまご部門は11月末日まで受付中
http://nerimachi.jp/projects/machikatsugrant.php