みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【スタッフ日記】今年もインターン生がやってくる!

【スタッフ日記】今年もインターン生がやってくる!

猪俣 2013.7.26

イネ科の植物達がグングン種を育て、エノコログサもシャランシャララン。我が子を土に産み落とす準備にますます若くミドリ青々しくさかえる姿が、この住宅地でも見られる草むらにうれしく、子どもより先にスッと穂先を摘んでみる今日このごろ。

まちづくりセンターは夏、若返ります。というのも、5大学の学生さんが8月から9月まで6人ほど交代でインターンシップにきてくれるのです。ありがたくも毎年何人かの学生さんが、「まちづくり」について様々な専門的視野で読み解いて、団体さんの活動に顔をだしたり、調査を手伝っていただいたり…インターンシップを終わらせた後もちょくちょく顔を出していただいたりもしています。とってもうれしいですね。
今年は、インターンの学生さんに実習期間の計画イメージが持てるように…とスタッフが気合を入れて専用のスケジュールを作成しています。「この活動参加してみたいな」や「お話聞きたい」に合わせていけたらと、センター事業から練馬区内の団体さんの活動までわかる範囲、手書きで書き入れています。

130726_inomata.jpg

センターで知ることができる情報は限られているので、こんな活動しているよというものがありましたら、ぜひ教えてくださいね。ねりまのまちの各地に出没するかもしれません。見かけたらぜひ声かけてくださいね。

土からいただいたエノコログサも、スッとお家のビンに運び込めば、すっかり涼しい風が吹いているようです。


以前のインターン実習の様子は
インターンシップ生、まちへ!をご覧ください。


------------------------------------------------
■まちづくりセンターの日々がわかる まち1000日記はこちらから
http://nerimachi.jp/diary/days/