みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【インターン生日記】練馬らしい「みどり」と活動

【インターン生日記】練馬らしい「みどり」と活動

 インターン生 小石沢 2016.09.23

 はじめまして。兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科の小石沢と申します。
9月12日からの二週間、みどりのまちづくりセンターでインターン生として活動を体験させていただきました。

この二週間、練馬区のさまざまな地域に伺う機会がありました。
そこで驚いたことがあります。それは個人宅のお庭に立派な木がたくさん植えられていることでした。
練馬区では屋敷林も多く、練馬の緑を支えている緑地の一つであることにも驚きました。
私が伺った屋敷林には、練馬らしい景観として登録される"とっておきの風景"であることが書かれたプレートがありました。
まちを歩くときに、このプレートを探してみるのも楽しいかもしれませんね。
totteoki2.JPG

そして、そんな練馬区ならではの緑地が"憩いの森"です。
160927minamitakamatsu.JPG

区内に残る屋敷林や樹林地が、地域のみなさんに開かれた緑地として活用されています。
大昔に植えられた木々がそのまま成長し続けている林ですので、活用の仕方も様々なようです。

自然と関わりたいなぁ。と、普段の生活の中で思うことのある方には、憩いの森を定期的に活用・保全・育成する"森もりファンクラブ"の活動をおすすめします。
森のお手入れをしたあとは毎回、四季折々の植物に囲まれながらお茶を楽しむことができるそうです。

そして、四季折々のイベントである"憩いの森のある暮らし体験講座"や"森もりファンクラブ"のなかには、ツリークライミングや焼き芋などもあるそうです。
先日ツリークライミングの打ち合わせに参加させていただきましたが、参加者の安全のために事前に剪定を行い、参加人数と所要時間などプログラムの調整についても、専門の方の意見のもとに綿密に編成されていました。
楽しいイベントの裏では多くの人が動いてくださっているのだとわかるとイベントに参加したいという意識も高まりますね。
みなさんもぜひ、これからの"森もりファンクラブ"の活動に注目してみてください。

最後になりましたが、インターンを通してお世話になったみなさん、ありがとうございました。

------------
■まちづくりセンターの日々がわかる まち1000日記はこちらから