みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【スタッフ日記】 身近な、初夏の風景

【スタッフ日記】 身近な、初夏の風景

大屋 2017.6.15

今年の関東甲信地方の梅雨入りは、6月7日ごろだったそうですね。
雨露に浴した草木のみどりを眺めるのが、最近のたのしみです。

昨年秋に開設したホームページ「ねりま景観まちづくり」は、もうご覧になりましたか?
練馬区に登録されている地域景観資源を、「季節」や「町名」などのキーワードで検索できます。

検索は、お好きなキーワードを入力することもできます。
例えば「6月」というキーワードを入力して検索してみると、5件の風景が選択されました。
ぜひ、思い思いのキーワードで、とっておきの風景を探してみてくださいね。
★画面をクリックすると、「6月」で検索した結果をご覧いただけます。

reserch_june.jpg

インターネットで検索するだけでなく、小さな初夏の風景は、家の周りでも見ることが出来ます。
自宅で、玄関先のあれこれを眺めながら、ご近所さんと立ち話をするのも楽しいひとときなのでは。

自分の家の周囲を見ると、軒先の水瓶にいるメダカは、ご近所さんとよく話題になる存在です。
最近は子メダカの姿も見れます。
冬に赤い実をつけていた南天は、この季節は白くて小さな花の姿。

medaka+.jpg nanten+.jpg

季節柄?なのか、プランターに最近、色々な植物がでてきます。
ユキノシタの間に、一夜にして現れたキノコ。
みどりに詳しいスタッフに聞いてみたところ、どうやら毒キノコのようで...。

green00+.jpg

プランターに芽吹いてきた、謎の芽。
なんの植物なのか、さっぱりわかりません...。
お分かりの方がいらっしゃったらぜひ、教えてください!

green01+.jpg

ひょっとしてサクラ?と推理しているのですが、どうでしょうか...。

green02+.jpg

梅雨の時期は、外で活動的に動き回りにくい季節ですが、
身近な、今しか出会えない初夏の風景を愉しみたいな、と思います。

------------------------------------------------------------------------------
■まちづくりセンターの日々がわかる まち1000日記はこちらから