みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME > 団体情報 > 木と和と暮らし(旧 木楽市実行委員会)

木と和と暮らし(旧 木楽市実行委員会)

(2015年03月現在)

活動テーマ

木のある、和のある暮らしを楽しむ

活動目的

暮らしに温もりある木や落ち着きある和を取り入れて、日本ならではの生活・文化を楽しむ

kirakuichi%20110627%201.jpg
「なかむら箸」のワークショップの様子

活動概要

元材木屋の倉庫跡の敷地と空き家となった民家を活用し、庭ではMy箸づくりなどの木工を、庵ではいろいろな和のおもてなしを提供する。ねりコレにも認定されているMy箸づくり「ねり旨(うま)」になかむら箸」をメインのワークショップとし、使い捨ての生活を見直すエコ活動もおこなっていく。
<庭と庵でできること>
庭・・・箸づくり、木製雑貨づくり、木製小物づくり、木製玩具づくり、ほか
庵・・・和昼食づくり、お茶とおやつづくり、墨彩あそび、折り紙あそび、風呂敷あそび、着物あそび、生け花あそび、ほか

基本情報

代表者名森 省三郎
設立年月日平成22年7月
活動地域練馬・豊玉・中村
会員数3名
活動実績 2010年10月~2012年12月まで、練馬・中村橋の元材木屋の使われなくなった倉庫を活用して、エコ・ロハス・スローライフをテーマにした「木楽市」を開催(計14回)。無農薬野菜や手作り雑貨などの幅広い出店があった。市での名物のワークショップだった「箸づくり」は「ねり旨(うま)になかむら箸」としてねりコレに認定されており、市の仲間と照姫まつりや練馬まつりにもワークショップで参加。
また、東日本大震災のあった2011年にはチャリティイベントや被災地ボランティア(夏休みに会津美里町の被災者仮設住宅で箸づくりと流しそうめん)なども実施した。
2013年から倉庫跡の整備をおこなったのを機に会の活動内容を見直し、今後は元材木屋の跡地で活動するにふさわしい「木のある、和のある暮らしを楽しむ」をテーマに活動をしていく。箸づくりのワークショップをメインに市についても年1回程度イベント的に開催予定。
その他

問い合わせ先

木と和と暮らし 担当:松本
TEL:03-3990-6313
FAX:03-3990-6311
E-mail:mappy-k♪river.ocn.ne.jp
※♪記号を半角@に置き換えてください。(迷惑メール対策です)



まちづくり活動団体一覧に戻る