みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンからのお知らせ > 【まち活現場レポート2018】石神井・冒険遊びの会

【まち活現場レポート2018】石神井・冒険遊びの会

今年度のまちづくり活動助成事業で助成が決定した企画が、
さっそく進行しています。
そのうちのひとつ、石神井・冒険遊びの会の活動のレポートです。

石神井・冒険遊びの会のみなさんが企画されているのは、
プレーパークへの参加をきっかけにして、
子育て中の方や子どもたちが気軽に悩みを相談できる場をつくり、
子育てをサポートする団体や施設をつなぐなどして、
地域ぐるみで子どもたちを見守るための活動です。

2018年7月30日(月)、「夏休みプレーパーク」最終日の様子を
見学してきました。

s-P7300660.jpg

石神井公園の三宝寺池とサービスセンターの間にあるなだらかな斜面が、
石神井プレーパークが行われる「おべんと広場」です。
プレーパークが開催されているときは、大きな横断幕が目印になります。

プレーパークは、子どもたちが「自分の責任で自由に遊ぶ」場所。
火を使うこと、木に養生しながらロープをかけることが特別に認められています。
この日はとっても暑かったので、子どもたちは水遊びに夢中。
他にも、ロープを使ったハンモックや、ベーゴマ、お絵かきなど、
みんな思い思いに遊んでいました。

P7300665_ぼかし.jpg

この日のお楽しみは、流しそうめん!
薬味のねぎを刻むのも、子どもたちの仕事です。

s-薬味用意_ぼかし.jpg

子どもたちや保護者の方、世話人の方、プレーリーダーさん、
ボランティアの学生さんなど、そうめんを食べるのも流すのも、みんなで行います。
私も少しだけお手伝いしましたが、流すのもとっても楽しかったです。

s-P7300674_ぼかし_キリトリ.jpg

気付くと、いつの間にかたくさんの方が集まっていました。
周りから見ると、樋が見えません!

s-P7300678_ぼかし.jpg

流すそうめんは、参加者の方がご自宅で茹でて持ち寄ったもの。
お家で余ったそうめんも、こうやってみんなで食べれば楽しいですね!

今回、初めてプレーパークを見学して、一番印象的だったのは、
遊ぶための準備を子どもたちが積極的に手伝っていたことです。
「みんなで一緒に作りあげる遊び場」という感覚が根付いているのを感じました。

石神井プレーパークは、石神井・冒険遊びの会によって
毎月第1・第3水曜日と、第4土曜日・日曜日に
石神井公園のおべんと広場(三宝寺池とサービスセンターの間にある広場)で
開催されています。
ぜひ立ち寄ってみてください。

★石神井・冒険遊びの会ホームページはこちらから

(担当:中平工)