みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【スタッフ日記】『新春!超・江古田研究会』開催のご報告

【スタッフ日記】『新春!超・江古田研究会』開催のご報告

 佐藤 2019.01.24

みなさま。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もまちづくりセンターをどうぞご贔屓にお願いします。

さて、1月13日(日)に、江古田駅周辺のまちなかの今昔に想いをはせつつ
まちの使い方を―『アクティビティ』(活動)という視点で今後のあり方を考える
『超・江古田研究会』を開催しました。

当日は、地域にゆかりの登壇者による講演や、古写真や古地図を使ったワークショップ形式のグループワークを行い、3連休の中日にも関わらず60名の参加をいただき、盛会となりました。

今日はグループワークでのひとコマを紹介します。

さて、突然ですがクイズです。
ここはどこでしょうか?(ヒント:一部は現在見ることができません)
04_●EING-0015.jpg

答えは・・・平成26年まで地域の顔のひとつとして存在した『江古田市場』です。

グループワーク内で、参加者の方はこの写真をご覧になり、こんな思い出を寄せて頂きました
『シャッターアートに出会った。アートのまちだと感じた』

この方は、まちなかでアートに出会う機会があったということですね。この『アートを感じる』ことは、その後のグループワークでの議論の中で、これからのまちなかに残していきたいアクティビティのひとつとして選ばれました。

現在、これからの江古田駅周辺地域に残していきたい、あってほしい『アクティビティ』などを、取りまとめているところです。

さて、江古田地区では2月下旬から『江古田をはさもう!えこだパンさんぽ2019・春』がスタートします。ぜひ!足をお運びくださいね。