みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを

03-3993-5451(直通)
HOME まちセンの、とある1日 > 【スタッフ日記】改めて、まちなかのバリアフリーについて考えてみませんか?

【スタッフ日記】改めて、まちなかのバリアフリーについて考えてみませんか?

オリパラまで1年を切った今、改めて、まちなかのバリアフリーについて考えてみませんか?

みどりのまちづくりセンターでは、「ユニバーサルデザイン推進ひろば」を開設し(練馬区委託事業)、区民や事業者の皆さんのユニバーサルデザインの取組を支援しています

rogo(ブログトップ)_color.jpg

例えば、「高齢者や子ども連れのひとが安心して利用できる店舗づくりのアイデアが欲しい」「子どもたちとユニバーサルデザインのことを勉強できる教材を探している」「地域でユニバーサルデザインのまちづくりの活動を始めたい」などの声にお応えしています!

また、練馬区では、すべての人が安心して快適に暮らし続けることができる地域社会を目指して、区民、事業者、区が連携し福祉のまちづくりを推進しています。

近年、まちなかでは、道路や店舗などでバリアフリー整備が増えてきましたが、まだまだ、車いす使用者や視覚障害者等が気軽に出かけられる場所は少ないです。特に、小規模な飲食店や美容院、診療所などは店舗面積が狭いために、バリアフリー整備がとても大変です。

このため、バリアフリー整備の押さえるべきポイントや扉の種類によるスペースの確保の仕方などに関する研修会を実施します。

また、今回は、車いす使用者をお迎えして、普段、どんなところへ出かけているか、お店を選ぶポイントなど率直なお話しもしていただきます。

車いすの体験コーナーもあります。

どなたでもご参加いただけます。


UD_kenshu2019.jpg
第11回 ユニバーサルデザイン事業者研修(練馬区委託事業)
小さな店舗、診療所等のバリアフリー勉強会
みんなに喜ばれる!まちの評判になる!
車いす、トイレ、廊下等の改修ポイントと事例

ちらしはこちら

【日時】2019年10月 1日(火) 午後6:30~8:30
【場所】練馬区役所本庁舎20階 交流会場
【定員】40名(先着順)
【参加費】無料

HP_button_mosikomi.jpg

【こんな工務店・設計者・店舗オーナーが対象です!】
・住宅改修のスキルを活かしたい方
・地域に密着した営業をしている方
・技術や経験を地域に役立てたい方
・様々な状況に対応する提案力を高めたい方
・バリアフリー改修のスキルアップをしたい方
・店舗等のバリアフリー改修を考えている方

【内容】
①【利用者の方からのお話】車いす使用者の外出の実態について知る
②【体験してみよう!】車いすを体験してみる -廊下、出入口幅-
③【メーカーの方からのお話】バリアフリーから見た扉の種類とその特徴
 講師:高橋 未樹子氏(コマニー株式会社 製品開発部研究開発課 博士)
 【専門家からのお話】トイレ空間、廊下等のバリアフリー改修のポイント
 講師:植田 瑞昌氏(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 
           一級建築士・福祉住環境コーディネーター1級)
④【助成制度利用のコツ】練馬区福祉のまちづくり整備助成制度の活用について

【主催】
練馬区都市整備部建築課 福祉のまちづくり係