みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを

03-3993-5451(直通)

HOME まちセンの、とある1日 > 【スタッフ日記】香りで感じる秋

【スタッフ日記】香りで感じる秋

nigaoe-nakahira.jpgのサムネイル画像中平 2020.10.15

今年は残暑の厳しさも少なく、すっかり秋の気候になりましたね。
みなさんは、秋と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
私は毎年、キンモクセイの甘い香りで秋の訪れを感じます。
今年は香りをテーマにした曲も流行したようですが、
それまでの季節にはすっかり忘れているのに、
香りで色々な記憶がよみがえってくるのは不思議なものですね。
秋のひんやり澄んだ空気の中では、それまで気づかなかった香りもひときわ際立つように感じます。
今回は、これからの季節に楽しめる香りの風景をご紹介します。

まずひとつめは、カツラの木。
まちづくりセンター前の目白通りにも、プラタナスと混ざってカツラの木が植えられています。
s-namiki.jpg
↑奥の3本の木がカツラ

この木の特徴は、手のひらに収まる小さなサイズの、
フリル付きのハート型の葉っぱです。
(画像をクリックすると拡大します)
s-happa2.jpg
葉っぱの周りのギザギザ部分を専門用語では「鋸歯(きょし)」といいますが、
カツラは鋸歯が尖らず丸くなっているので、フリルのように見えます。

この葉が黄葉すると、カラメルのような甘くて香ばしい香りがします。
s-happa.jpg
↑まちづくりセンターの前で拾い集めてみました。
黄葉まっさかりのタイミングでは、木の前を通りかかっただけで香りを感じることができるほど。
今の時期は、まだ黄色い葉が少ないので、落ちている葉を拾って嗅いでみてください。

練馬区内で私のお気に入りのカツラの木は、
練馬区地域景観資源「とっておきの風景」や「ねりまの名木」にも登録されている、
武蔵関公園のカツラです。
G266-2.JPG
とっておきの風景G266 武蔵関公園のカツラ
区のHPの情報によると、なんと高さ2.5m!本当に立派な木です。
やや遠くからでもカラメルの香りを感じることができるので、
お近くの方はもう少し秋が深まってから、お出かけしてみてください。


続いては、バラ。
春に満開に咲いているイメージが強いバラですが、秋にも咲く種類があります。
そして秋に咲くバラの方が春に咲くバラより、香りの強い傾向があるそうです。
bara.jpg

練馬区内でバラを見るなら、光が丘の四季の香ローズガーデンがおすすめです。
ここは香りをテーマとしたローズガーデンなので、
様々な香りのバラを楽しむことができます。
春よりも花数が少ないかもしれませんが、ゆっくりと香りを感じながら歩いてみてください。
バリアフリーの設計なので、車いすやベビーカーでも安心して楽しめます。

ローズガーデンのある四季の香公園では、秋にはメタセコイアの並木が紅葉するので、
紅葉と合わせて楽しむのもおすすめです。
kouyoutobara.jpg
↑2018年12月のローズガーデンの様子

2020年10月現在、四季の香公園は大規模な工事中。
元々ローズガーデンの奥にあったバラ園とハーブ園がリニューアルされ、
来年春にオープンする予定だそうです。今から楽しみですね。
工事の関係で臨時休業する場合もあるようですので、
お出かけの際はHPをご確認ください。
四季の香ローズガーデン練馬区HP

未だ、お出かけには緊張感が伴いますが、
十分に感染予防対策を取りながら、短い秋を楽しみたいですね。
個人的には、植物の香りは雨上がりの方が強く感じる気がするので、
最近のじめっとしたお天気の中でも、香りを目当てにしたお散歩はおすすめです。


秋のお散歩といえば、
みどりのまちづくりセンターと地域の方々が協働して、
春と秋に開催していた大泉学園町のオープンガーデンイベント「ちゃい旅」も
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントとしては開催中止になりました。
しかし、写真などを介してweb上でお庭を楽しむ新たな「ちゃい旅」を現在企画中です。
こちらも楽しみにお待ちください!
昨年秋のちゃい旅の報告