みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを

03-3993-5451(直通)

HOME > 【福まちブログ】こんな〇〇はイヤだ 〜押しボタン編〜 その1 

【福まちブログ】こんな〇〇はイヤだ 〜押しボタン編〜 その1 

みなさんも、まちなかで見かけるかも!?
「こんな〇〇はイヤだ」は、ちょっとおかしなバリアフリーや出来事を紹介するシリーズです。

押しボタン[おし-ボタン]
押すことで機器への入力を行う部品。
製品によっては、押す形状ではなく、
圧力や静電気を感知することによって入力を行う作りのものもあります。
ボタンを押すことで、ドアを開けたり、エレベーターで移動をしたり、
だれかと通話をしたりと、今や私たちの生活には欠かせない道具です。


なんのボタンかわからない


UDblog_button_ill_1.jpg
トイレで用を足して、さ、流そうという時に、
どのボタンを押せば水が流れるか迷ってしまったことはないですか?

こうした間違いを防ぐためには、
最もよく使われるボタンである洗浄ボタンを他のボタンより大きく目立つようにしたり、
わかりやすい表示にしたりと言った工夫ができます。
また、トイレの個室内のボタンはJIS規格(日本工業規格)で、配置のルールが決められています。
どこのトイレでもこの規格に沿ったボタンの配置ができれば、
視覚障害のある方も、洗浄ボタンが探しやすくなります。


■洗浄ボタン等の配置(JIS S0026)
UDblog_button_pho_1.jpg
(練馬区発行 ユニバーサルデザインの整備事例と設計のヒント集より)

【参考資料】こちらもご覧ください↓
ユニバーサルデザインの整備事例と設計のヒント集
「みんなが使いやすい建物・公園をつくろう!」14ページ
https://nerimachi.jp/UD_zireisyu2017_HP.pdf

-------------------------------------------------------------
■ 福祉のまちづくり協働推進事業のお知らせ・情報など 福まちブログはこちらから
■まちづくりセンターの日々がわかる まち1000日記はこちらから