みどりのまちづくりセンター <地区まち>みんなで地域のまちづくりを/common_new/images/midorino_logo.png

03-3993-5451(直通)
HOME > まちづくり活動団体のイベント・お知らせ > 【原稿募集】==あなたの体験が本になる!==
企画『(仮題)私はDV家庭を生きた~被害者としての子ども世代の声を聴く』

【原稿募集】==あなたの体験が本になる!==
企画『(仮題)私はDV家庭を生きた~被害者としての子ども世代の声を聴く』

 DV家庭で生きる子どもの生の声を原稿として30~40篇を公募し、書籍の体裁を整えて掲載します。本の末尾では、企画者である編者が、公募原稿を元に子ども世代の被害について、解説します。
◆編者:草柳和之(大東文化大学講師/メンタルサービスセンター代表・カウンセラー)

m.s.c_181221_1.jpg m.s.c_181221_2.jpg
チラシのダウンロードはこちら(PDF形式)

 DV(ドメスティック・バイオレンス)をなくしていくことは、夫婦・恋人関係が良好な関係を築いていくために、また平穏な家庭を作り上げるために、極めて重要です。これまでDVは暴力を受ける被害女性の問題を中心に語られてきましたが、最近は「面前DV」という言葉も使われるように、DVは子ども虐待の精神的虐待の一種として位置づけられています。
 そこで、子ども世代のDV被害者の問題にもっと光をあて、社会がDV家庭で生きる子どもの苦しみを理解し、一層生きやすくするための仕掛けとして、今回の企画を考えました。

【公募原稿の要項】
・応募資格:DV家庭で育った方。
・言語:日本語
・原稿枚数:1200~8000字
・文体:「です・ます」調
・採用原稿数:30~40点を選考 
・採用原稿への報酬:一原稿500円分の図書カード          
・原稿締切:2019年10月末(原稿が集まるペースによっては、早目に締め切る可能性があります。)

【原稿提出時に必要な事項】
・本企画専用メールアドレス:dvkatei@outlook.com
 (このメールは出版後に使用停止となります。)
・原稿提出時に必要な情報......氏名、ペンネーム、年齢が何歳代かの記載、性別または性自認、住所
 (図書カード送付用)、職業(可能な方のみ)→氏名・住所以外が本に記載されます.
・ペンネームの記載がない場合、出版時には「〇〇」との記載になります。
・ペンネームでなく、あえて実名を記したい場合は、お伝えいただければ可能です。
・原稿は、本企画専用のメールアドレスまで、必ずメールでお送り下さい。
・原稿は、メール本文にコピーしてお送り下さい。添付ファイルは避けて下さい。
・個人情報は、本企画以外の目的に使用されることはありません。

※原稿内容、原稿提出後の注意点など、企画の詳細はチラシをご覧ください。

主催/申込・問合せ

メンタルサービスセンター 
事務局:〒176-8799 練馬郵便局留
☎03-3993-6147/070-5016-1871
HP:http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/

上記掲載内容は主催団体からの情報をそのまま記しており、HP管理者は内容について、保障や責任を負いかねます。また内容に関する問い合わせは、主催団体へお願いします。

この団体の詳細は「まちづくり団体の紹介」をご覧ください
https://nerimachi.jp/hiroba/group.php

活動団体のイベント情報一覧は「団体・行政よりお知らせ」をご覧ください
https://nerimachi.jp/hiroba/groupinfo.php